腰痛・運動

腰痛に運動が良いというのは大きな間違いです。運動まででなくとも体操・筋トレなどやり方次第では腰痛をひどくすることにも・・・

-群馬県高崎市の理学整体院-

ホーム 整体院について 施術のながれ 院内の様子 受付日・施術料 理学整体ってなに? 整体でOO改善!

腰痛時の運動に注意

腰痛対策としての運動は危険です!

HOMEかない健康院のご案内当整体院の教え < 腰痛時の運動に注意

腰や膝など、体に痛みがあると 「筋肉がないからだ。運動して鍛えなさい!」 「太りすぎだからだ。運動してやせなさい!」 などと運動を勧められることが多いようですが、本当に治療として正しい手段なのでしょうか? 例えばこんな疑問があります。

  • 体を鍛えている人に、腰痛・膝痛の人はいないのだろうか?
  • 太っている人のほとんどが腰痛・膝痛になるのだろうか?
  • 筋力のない人のほとんどが腰痛・膝痛になるのだろうか?
  • 腰痛・膝痛がなかった頃は、体を鍛えていたとでもいうのだろうか?
  • 鍛えるのをやめたから、腰痛・膝痛になってしまったのだろうか?
  • 治ったのは体重が減ったからなのか?
  • 治ったのは筋力がアップしたからなのか?
  • 「鍛える」と「無理をする」の境界線はどこにあるのか?
腰痛と運動の関係

疑問の答えがほとんど「YES」なら運動は非常に有効だと思いますが、全て「NO」か「?」ではないでしょうか。年配者やきゃしゃな人には筋力がないせいに、太めの方には体重のせいにしているだけのように思えます。

そもそも「痛み」というのは警報ブザーのようなもので、体が異常を教えてくれているわけです。動くと痛いという事であれば、「筋肉を使うと異常がありますよ」 と体が知らせているのです。

それなのに、痛いのを我慢して運動したり、痛み止めを飲んで動き回ったりすれば、まさに警報ブザーを無視して自ら被害を広げてしまっているようなものなのです。何でも異常のまま使い続ければ、どこか別の所に不具合が生じたり、すぐ壊れて使い物にならなかったりしますよね。だから何でも正常に直してから使うべきで、運動も体を治してから行うべきです

腰痛時の運動に注意トップへ
とくとくキャンペーン
トピックス
子供の姿勢、大丈夫?
初めての方だけのスペシャルクーポン
産前産後の骨盤矯正にも!
LINEはじめました。

群馬県高崎市

箕郷町上芝165-1
027-386-3726